/

この記事は会員限定です

日本マクドナルド、店舗の「輪番休業」検討 夏場の節電対策

[有料会員限定]

日本マクドナルドホールディングスは今夏の節電策として、店舗が順番に一時休業する「輪番休業」の検討に入った。東京電力管内の約1350店が交代で午後の一定時間の営業を取りやめて、使用電力を減らす仕組み。月内にも実施するかどうかを決める。

実施する場合は昼食の販売ピークを過ぎた午後3時ごろに、数時間程度営業を止める見通しだ。地域ごとに3店舗からなるグループをつくり、グループ内で毎日順番に休むため、1日当...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り276文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン