/

この記事は会員限定です

三菱商事、インドネシアで食品供給網 現地大手と合弁

[有料会員限定]

三菱商事はインドネシアで食品のサプライチェーン(供給網)を構築する。現地の流通大手と合弁会社を設立、同社と食品メーカーが共同生産する加工食品をコンビニエンスストアなどで売る仕組みを整備。冷凍・冷蔵食品も扱える物流網も整える。総投資額は100億円を超える見通し。消費者の購買力が高まるインドネシアに日系企業などが参入しやすい環境をつくる。

インドネシアのアルファグループと提携し、食品の供給網を充実する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り725文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン