/

パナ電工、中国・インドで営業拠点を拡充

パナソニック電工は6日、自動車や家電製品などに使う制御機器の営業拠点を中国とインドで大幅に増やすと発表した。2012年度までに中国は現在の11カ所から14カ所に、インドは2カ所から10カ所にする。コネクターやスイッチ、ファクトリーオートメーション(FA)部品などが対象で、同事業の18年度の売上高を09年度の1.9倍にあたる3000億円に引き上げるのが目標だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン