/

この記事は会員限定です

大塚製薬、米にサプリメント新工場 90億円投資し4割増産

[有料会員限定]

【シリコンバレー=奥平和行】大塚製薬はサプリメント(栄養補助食品)を増産する。約90億円を投じて米南部アラバマ州に新工場を設置し、2014年に生産能力を現在より40%多い年間2億1000万錠へ引き上げる。米国では健康意識の高まりを背景にサプリメント市場が過去15年で約3倍に拡大している。大塚製薬は増産により米国でシェア首位の座を固める考えだ。

「ネイチャーメイド」ブランドのサプリメントを製造・販売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン