アジア特殊製鋼、自己破産を申請 負債200億円

2012/4/6付
保存
共有
印刷
その他

アジア特殊製鋼(特殊鋼母材の専門メーカー、北九州市、奥原征一郎代表取締役)は6日、福岡地裁小倉支部に自己破産を申請した。負債総額は約205億円。同社は3日に事業を停止し、事後処理を弁護士に委任していた。当初は特別清算の申請を検討していたが、優先的な債権をすべて弁済できないため、破産に切り替えたという。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]