/

この記事は会員限定です

イノベーションを生み出す拠点は日本に

伊東孝紳氏と増田貴司氏に聞く

創論

[有料会員限定]
 過度の円高の修正によって、一時の厳しさが緩み、輸出企業を中心に業績が上向くメーカーが増えている。だが、これだけで日本の製造業が復活するとは即断できない。ホンダの伊東孝紳社長と、東レ経営研究所で産業分析に取り組む増田貴司産業経済調査部長に製造業の未来を聞いた。

「需要のある場所で生産を」伊東孝紳・ホンダ社長

――「日本で完成車工場が新設されるのはこれが最後」ともいわれる寄居工場(埼玉県)が7月に稼働します。

「国内の生産能力は全体としては変わらな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3197文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン