/

中部電、浜岡原発の安全審査14日にも申請へ

中部電力は停止中の浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)4号機について再稼働に必要な原子力規制委員会の安全審査を14日にも申請する方針を固めた。申請時期について中部電はこれまで「今年度末までのなるべく早期に実施したい」(水野明久社長)としていた。

中部電は現在、同原発について津波対策のための海抜22メートルの防潮壁や、新規制基準に適合するための放射性物質を除去するフィルター付きベント(排気)設備設置など、総額3000億円規模の安全対策工事を進めている。安全審査に合格すれば、地元自治体の理解を得た上で、対策工事が完了する2015年9月末以降に早期の再稼働を目指す。

浜岡原発は3~5号機の3基あり、11年5月に政府の要請で全面停止した。3号機については16年9月末に安全対策工事が完了予定で、14年度中の安全審査申請を目指している。5号機は海水流入のトラブルがあり、追加対策工事の計画が固まっていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン