/

この記事は会員限定です

軽自動車の燃費競争加速 「30キロ超」が主流に

[有料会員限定]

軽自動車各社が相次ぎ最高燃費のモデルを発売する。ダイハツ工業が8月、セダンタイプで最高の1リットル当たり33.4キロメートルを達成した「ミライース」を投入。スズキは月内にも最量販車の「ワゴンR」で、車内空間が広いワゴンタイプとして初めて30キロメートルを達成する。激しい開発競争で確立した低コストの「燃費30キロ」技術を新興国市場開拓にも生かす。

ダイハツはエンジンの廃熱を変速機のオイルの加熱に使...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り388文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません