日経産業新聞 Editor’s Choice

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ロボVB争奪過熱 米IT大手、日本勢に次々触手
スタートアップスinUSA(7)

(1/3ページ)
2014/4/9 3:30
共有
保存
印刷
その他

 

スタートアップの世界で最も注目を集めているのはロボット業界だ。米グーグル、米アマゾン・ドット・コムなど世界経済をけん引するIT(情報技術)大手が相次いでロボットベンチャーを買収。世界の有力ベンチャーキャピタル(VC)が血眼になって金の卵を探す。国境を越えた争奪戦の様相だ。

 「なんだ、あのロボットは」。3月に米テキサス州オースティンで開催された「サウス・バイ・サウスウェスト(SXSW)」。スタートアップの祭典でひときわ大きな人だかりができた。

■高専発、反響呼ぶ

SXSWの展示会場でスケルトニクスの外骨格スーツが大きな注目を浴びた
画像の拡大

SXSWの展示会場でスケルトニクスの外骨格スーツが大きな注目を浴びた

 アニメに出てくるような搭乗型ロボットが操縦者の動きに合わせ、「手」や「足」を突き出す。名づけて「外骨格(パワードスーツ)」。出展したのは日本の工業高等専門学校が競う「ロボコン」で優勝した沖縄高専のメンバーで構成するスケルトニクスだ。

 話題が話題を呼び、米有力紙USAトゥデー、米三大ネットワークのABCテレビが取り上げるほどの人気となった。仕掛けたのは元ACCESS共同創業者の鎌田富久(52)だ。「これほどまで反響を呼ぶとは思わなかった」と笑う。

 鎌田は今、TomyK代表としてスタートアップ支援を手がけるが、日本では苦労した。東京大発のSCHAFT(シャフト)は二足歩行ができ、人と同じような作業ができる災害対応ロボットを開発、米国のコンテストで決勝戦に進む実力。

 だが1台3000万円のロボット試作費の調達に国内の金融機関やメーカーから色よい返事はなし。最終的に鎌田が接触したのが米グーグル元上級副社長のアンディ・ルービンだ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

スタートアップスinUSA

スタートアップス! 日本ここから

【PR】

日経産業新聞 Editor’s Choice 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

花火や海外挙式をVRで体感 近ツー、高齢者などに [有料会員限定]

 近畿日本ツーリストが、高齢者らに旅行やイベントの様子を遠隔地で体験してもらう仮想現実(VR)サービスを準備している。ゴーグル端末や、音を振動で感じる特殊な椅子を組み合わせ、臨場感を出す。実験では花火…続き (9/24)

新たに発売したバイオマス燃料の製造・運搬車両

走る木質チップ工場 発電所向け、小回り得意 [有料会員限定]

 ごみ収集車などを製造する富士車両(滋賀県守山市、上川毅社長)は、林業の現場などで木質チップを作り、そのまま運搬できる専用車を開発した。全国的に急増するバイオマス(生物資源)発電所向けに、チップの製造…続き (9/23)

加工の自由度が高いのが特徴

光の配線でスパコンもっと速く 電気信号の限界打破 [有料会員限定]

 回路基板など電子材料大手の住友ベークライトは2018年にも、光の技術でスーパーコンピューター内部の通信を速くする配線部品「光導波路」を出荷する。銅線が使われている現在の配線を刷新するテクノロジーだが…続き (9/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

09月26日(火)

  • Uber、ロンドンで営業免許更新されず―新CEOの対応は?
  • その爆弾処理ロボットは、仮想現実によって「その場にいる感覚」で操作できる
  • LTE通信に対応したApple Watchは、「次世代のiPhone」だった

日経産業新聞 ピックアップ2017年9月26日付

2017年9月26日付

・ファーストブランド、専門家の営業支援サイトで英語版、訪日客狙う
・アルプス電気、車載レーザー部品に参入 小型レンズの技応用
・自動運転 向かい合うシート 180度回転 米アディエント提案
・芦森工業、シートベルト部品生産を大阪に移管 年産能力2倍
・介護大手のMCS、「日本式」サービスで中国市場開拓…続き

[PR]

関連媒体サイト