2019年6月17日(月)

デジタルガレージ子会社、香港上場へ オンライン決済アジアで

2013/12/5付
保存
共有
印刷
その他

【香港=川瀬憲司】ジャスダック上場のデジタルガレージ(DG)の子会社でオンライン決済を手掛けるイーコンテクスト・アジアは5日、今月19日に香港取引所に株式を上場すると発表した。イーコンテクストは収益のほとんどを日本で上げているが、中国やインドネシアなどアジアでの事業拡大を視野に、香港での上場を決めた。

香港上場に伴い、追加発行分を除き最大で約4億5千万香港ドル(約60億円)を市場から調達する予定。調達する資金の半分を、アジアでの事業展開に充てる考え。5日に香港で記者会見した沖田貴史最高経営責任者(CEO)は「香港での上場によりアジアでの信頼や認知度を高める」とその狙いを口にしていた。

イーコンテクストは2000年の設立。05年に当時の大阪証券取引所のヘラクレス市場に上場したが、08年にDGへの吸収合併に伴い上場廃止となっていた。今回の香港上場をにらみ、12年10月に再び分離。その後、三井住友カードやクレディセゾン、JCBの出資を受け入れた。香港上場後もDGは約6割の株式を持ち、親会社としてとどまる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報