/

この記事は会員限定です

ごはん盛り付け、素早く正確に 吉野家が自動化機械

13年2月までに1000店に

[有料会員限定]

吉野家ホールディングスは牛丼店で丼物の盛り付けを自動化する。2013年2月までに、ご飯をどんぶりに盛り付ける機械を全店舗の8割以上の約1000店に設置する計画だ。吉野家はBSE(牛海綿状脳症)問題を機に04年以降、メニューを多様化してきた。ごはんの量はメニューごとに異なり、正確かつ素早く盛り付けるのが難しくなっていた。

どんぶりを置いてボタンを押すだけで規定量のご飯が盛り付けられる鈴茂器工の機械...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン