/

シチズン、スイスの腕時計会社を買収 機械式駆動装置取り込む

シチズンホールディングスは5日、スイスの腕時計・部品メーカーのプロサーホールディングを約57億円で買収すると発表した。子会社のシチズン時計を通じ、プロサー社の現経営陣らから4月2日付で全56万株を取得する。同社がスイスに持つ機械式腕時計の駆動装置(ムーブメント)の製造拠点を手に入れるのが狙いだ。

プロサー社はスイス北西部ラショードフォンにある非上場企業。腕時計の機械式ムーブメントを製造するほか、「アーノルド&サン」というブランドで80万円前後の高級腕時計を販売している。2011年の売上高は約28億円だった。買収後も同社の従業員や拠点はそのまま維持する。

日本の腕時計メーカーがスイス企業を買収するのは珍しい。

シチズンは傘下企業で手掛ける「ブローバ」などのブランドの腕時計に、プロサー社のムーブメントを供給する考え。スイス製の機械式ムーブメントは腕時計ファンの間で人気が高く、グループに取り込むことで商品展開を拡大できると判断した。日本製ムーブメントが売りの「シチズン」ブランドの腕時計には搭載しない。

シチズンHDは腕時計事業の拡大を経営課題に掲げ、今後もスイスの腕時計ブランドの買収に意欲を見せている。ムーブメントの製造部門を持つプロサー社の買収はその布石となる可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン