/

この記事は会員限定です

シャープ、サムスンが3%出資へ パネル供給拡大

鴻海との交渉は暗礁

[有料会員限定]

経営再建中のシャープは韓国サムスン電子の出資を受け入れることで合意した。シャープが月内にも実施する第三者割当増資をサムスンが引き受け、約100億円を出資する。出資比率は約3%となる見通し。テレビや半導体で激しく競争してきた日韓の電機大手が資本提携するのは初めて。生き残りをかけた国際提携が加速しそうだ。

6日にも正式発表する。サムスン電子はグループ企業と合わせ、シャープの実質的な第5位株主となる見通...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1047文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン