/

ファミマ、フィリピン進出 13年2月に1号店

ファミリーマートは5日、フィリピンに進出すると発表した。現地の財閥グループなどと合弁会社を設立する。2013年2月にマニラ市郊外に1号店を開き、17年度末までに300店体制とする。ファミマは10月にもインドネシアに進出しており、経済発展を見込む東南アジアでの事業拡大を進める。

現地の財閥企業アヤラグループと大手小売りのルスタングループの共同出資会社が60%、ファミマが37%、伊藤忠商事が3%を出資し、合弁会社「フィリピン ファミリーマート CVS」(マカティ市)を設立する。1号店はマカティ市内に出す。

フィリピンではすでにセブンイレブンが約750店(6月末時点)、ミニストップも約330店(9月末時点)を展開している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン