2018年7月17日(火)

消えた「グリーン・ニューディール」 世界の低炭素化は正念場

(1/2ページ)
2012/7/9 7:00
保存
共有
印刷
その他

 2012年11月の大統領選挙に向け、オバマ米大統領と共和党のロムニー候補との政策論争は激化している。第1期の4年間を振り返ってみると、就任当初と政策が大きく変わった分野がある。エネルギーと環境政策だ。思い出せばすぐにわかる。オバマ大統領が就任直後に目玉で打ち出したのは「グリーン・ニューディール」だったが、もはや大統領の演説にはほとんどその言葉は登場しなくなった。グリーン・ニューディールはどこに行ってしまったのか?

 グリーン・ニューディールは当時、米国が国際的な批判を浴びていた地球温暖化問題への取り組みと、脆弱化しつつあったエネルギー安全保障を同時に解決するとともに、雇用も創出しようという「一石三鳥」の政策だった。具体的には風力、太陽光など再生可能エネルギーと原子力発電を拡大、強化し、老朽化が目立った送配電網など電力の供給ネットワークをスマートメーターなども取り入れて、再生、再構築しようというものだった。時代の要求を巧みに折衷したきわめて賢い政策にみえ、日本を含め世界の多くの人が賞賛し、期待を示した。しかし、結果は出ないまま、オバマ政権はかじを「脱グリーン」に大きく切っている。

 転換の最大の要因はシェールガス革命である。従来の天然ガスとは異なり頁岩(けつがん)層から採取するシェールガスは、原油価格の上昇や生産技術のイノベーションによって、まさにオバマ政権の第1期の4年間に生産が爆発的に拡大した。今や米国の天然ガス供給の20%以上を占めるようになり、さらに急拡大の一途をたどっている。米国内の天然ガス価格は100万BTU(英国熱量単位)あたり、2ドル割れの状態まで暴落した。2007年ころに7、8ドルだったことを考えれば米国のエネルギー情勢は一変した。さらにシェールガスに刺激され、シェールオイルの生産も急増している。米国は液化天然ガス(LNG)輸入を減らし、原油の輸入も落ち始めている。シェールガスは言葉通り、革命的な影響を米国および世界に与えた。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

注目浴びるシェールガス

日経産業新聞のお申し込みはこちら



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報