/

この記事は会員限定です

ケータイ20年の変遷 「ガラパゴス」競争力育たず

価格調整、メーカーが乱立

[有料会員限定]

日本最大の携帯電話会社、NTTドコモが今年、営業開始から20年を迎えた。ドコモが1999年に世界初の携帯電話を使ったインターネット接続サービス「iモード」を始めるなど、日本の携帯電話産業は世界の潮流から離れて進化する「ガラパゴス」と呼ばれた。ガラパゴスのたとえを早くから使った野村総合研究所の北俊一上級コンサルタントに、当時の話や携帯産業の現状に対する見方を聞いた。

――日本の携帯電話産業を「ガラパ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1351文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン