ドコモ、顧客流出続く iPhone導入検討
12年度転出超 最大の140万件

(1/2ページ)
2013/4/5付
共有
保存
印刷
その他

画像の拡大

 携帯電話最大手のNTTドコモからの顧客流出が止まらない。通信会社を乗り換えられるMNP(番号持ち運び制度)で、2012年度のドコモの転出の超過数は前年度比75%増の140万件(12年度末の契約者数全体の約2%)と過去最大となった。人気の高い米アップルのスマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)」を扱っていないことが響いており、ドコモはiPhone導入の検討を続けている。

 ドコモの3月のMNPによる転出超過数は18万5100件。MNPの開始以来最大の流出となった12年11月の21万2100件と比べると少ないが、今年2月(9万3200件の転出超過)のほぼ倍となった。

 新規契約数から解約数を引いた純増減数では、3月は41万7400件の純増を確保した。最需要期ということもあり、2月の14万3400件に比べると拡大、2カ月連続の純増となった。

 ドコモの転出超過の拡大は3年連続。KDDI(au)とソフトバンクモバイルが昨年9月に「iPhone5」を発売したのを受け、年度後半にドコモから乗り換える動きが加速した。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 26日 7:01
26日 7:00
東北 26日 7:00
26日 7:00
関東 26日 7:01
26日 7:00
東京 26日 7:01
26日 7:00
信越 26日 7:00
26日 7:00
東海 6:00
5:00
北陸 26日 6:02
26日 6:00
関西 6:00
5:55
中国 26日 12:27
26日 7:01
四国 26日 12:27
26日 7:02
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報