「炎上」急増、大学・企業は予防に躍起 ブログやSNS

2013/7/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インターネット上での書き込みなどに爆発的な批判が集中する「炎上」。ブログや交流サイト(SNS)の普及とともに件数が増え、個人情報が割り出されるなどの深刻なケースも相次いでいる。企業や大学にとっても社員や学生の被害が経営リスクに直結するだけに予防策に知恵を絞る。

ネット上のリスク対策支援を手掛けるエルテス(東京・港)によると、国内で発生する炎上件数は2010年に100件程度だったのが12年には37…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]