/

この記事は会員限定です

「炎上」急増、大学・企業は予防に躍起 ブログやSNS

[有料会員限定]

インターネット上での書き込みなどに爆発的な批判が集中する「炎上」。ブログ交流サイト(SNS)の普及とともに件数が増え、個人情報が割り出されるなどの深刻なケースも相次いでいる。企業や大学にとっても社員や学生の被害が経営リスクに直結するだけに予防策に知恵を絞る。

ネット上のリスク対策支援を手掛けるエルテス(東京・港)によると、国内で発生する炎上件数は2010年に100件程度だったのが12年には376...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り998文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン