/

この記事は会員限定です

民生より産業分野、発想の転換必要

SMBC日興証券シニアアナリスト・三浦和晴氏

電機復活の条件 インタビュー

[有料会員限定]

ソニーやパナソニックが相次いでテレビ事業縮小を打ち出した。なぜ、日本のデジタル家電はテレビを中心に競争力を失ったのか。活路をどこに求めたらいいのか。SMBC日興証券の三浦和晴シニアアナリストに聞いた。

――デジタル家電で日本の電機メーカーの競争力低下が著しい。何が原因か。

「戦後日本の家電メーカーが成長したのはメカトロニクス技術が強かったからだ。工場の現場の強さが生きる業態だった。つまり『擦り合わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1944文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン