韓国財閥ハンファ、日本でメガソーラー 10万キロワット規模

2013/4/6付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

韓国中堅財閥で太陽電池の生産・販売を手掛けるハンファグループは日本で再生可能エネルギーの売電事業に参入する。年内に総出力10万キロ(100メガ)ワットの太陽光発電所を建設する方針。総投資額は300億円程度となる見通し。昨夏に始まった再生可能エネの全量買い取り制度で採算が確保できると判断した。今後も外資系による大型投資が相次ぎそうだ。

ハンファは化学や金融などを中核とする財閥企業で、太陽電池事業を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]