新社長、危機下の再登板目立つ 13年上期本社調査

(1/2ページ)
2013/7/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社が6日まとめた2013年上半期(1~6月)の社長・頭取交代企業数は670社と前年同期に比べ43社減った。業績不振など足元の危機を乗り越えようと、社長経験者が再登板するケースも目立つ。新社長・頭取の平均年齢は56.9歳と、好況だったリーマン・ショック前の08年上半期に比べ1歳上昇した。

集計の対象は上場企業と日経が選んだ有力な非上場企業の計5592社。交代企業数が700社を割り込んだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]