/

この記事は会員限定です

ニチレイ、大阪に大型冷蔵倉庫 関西事業を強化

[有料会員限定]

ニチレイは2014年秋、大阪市の港湾地区に大型倉庫を新設する。肉や魚などを冷蔵・冷凍状態で保存する倉庫で保管能力は4万トン。土地・建物を合わせた投資額は約80億円で外食チェーンや加工食品メーカー、商社などから業務を請け負う。関東に比べて弱い関西の倉庫事業を強化し、本業の冷凍食品事業を補う。

大阪・南港に約2万3千平方メートルの土地を購入した。同社の冷蔵・冷凍倉庫は全国に76カ所...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り190文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン