共通ポイントカードとは 業種の垣根越え利用可

2013/3/5付
保存
共有
印刷
その他

▼共通ポイントカード 業種の垣根を越え多数の店舗で共通に使えるポイントカード。100円の買い物で1ポイントがたまり、次の買い物で1ポイントを1円として使える場合が多い。

共通ポイントカードの利用には生年月日、住所などの登録が必要。加盟企業はPOS(販売時点情報管理)データに加え、購買者の年齢や性別などを関連づけて分析できる。膨大なデータを処理する「ビッグデータ解析」技術を使えば、売れ筋商品の予測や販売促進効果の向上につなげられるとみられている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]