日本の経営者の賃上げ意向、アジアで最も消極的 英社調査

2014/2/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の企業経営者の賃上げ意向はアジア主要国で最も保守的――。英人材紹介大手ヘイズが実施したアジアの給与調査によると、2014年に従業員の平均賃金を「前年比で3%超上げる」と答えた企業は日本企業全体の24%で、アジア平均(69%)より大幅に低いことが明らかになった。春闘では賃金水準を底上げするベースアップ実施が焦点だが、経営者は固定費増につながる賃金改定にはなお慎重なようだ。

ヘイズが日本、中国、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]