/

この記事は会員限定です

市場小さい消化器疾患の薬、中堅製薬が開発加速

[有料会員限定]

持田製薬など中堅製薬メーカーは市場規模の小さい「ニッチ消化器薬」の開発を加速する。潰瘍性大腸炎など患者数が比較的少なく、製薬大手が手掛けない疾患に絞り込み競合を避けるほか、小規模の研究開発費でも効率良く稼げる利点もある。人口減で国内市場の縮小も予想されるなか、独自のニッチ戦略で生き残りを図る。

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜に潰瘍が発生し、出血を伴う下痢などの症状が起きる。国内の患者数は約10万人。消...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り759文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン