/

この記事は会員限定です

ゴーン氏、元「右腕」と中国で対決も(真相深層)

[有料会員限定]

仏自動車大手プジョーシトロエングループ(PSA)がライバルのルノーで、かつてカルロス・ゴーン氏(59)の右腕だった幹部を最高経営責任者(CEO)に据えるトップ人事を発表した。その人物は日産自動車トップも兼務するゴーン氏との「確執」でルノーを退社、わずか3カ月で電撃移籍を決めた。この"仰天人事"はルノー・日産連合の戦略にも影響を与えかねず、波紋が広がっている。

確執を機に退社

11月28日。横浜市の日産本社で開かれ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1417文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン