ホンダ、販売店100店で太陽光発電
13年度末までに システムは自社製

2012/2/4付
保存
共有
印刷
その他

ホンダの新店舗に設置された太陽光発電システム(東京・足立)

ホンダの新店舗に設置された太陽光発電システム(東京・足立)

ホンダは4日、2013年度末までに自動車販売店100店に自社製の太陽光発電システムを設置すると発表した。店舗の電力の一部を賄う。発電量は合わせて1メガ(メガは100万)ワットに上る。国内の工場や事業所にも設置を進めており、環境への取り組みを強化する。

国内の販売店2200店のうち、設置スペースがある100店に太陽光発電システムを設置する。4日に開店した「ホンダカーズ東京中央 足立小台店」(東京・足立)では発電量9キロワットのパネルを設置。照明に使う電気の半分強を賄う。

太陽電池パネルは子会社のホンダソルテック(熊本県大津町)が製造する。既に国内の工場や事業所に計3.3メガワットの太陽光発電システムを設置しているほか、13年に稼働させる寄居工場(埼玉県寄居町)に2.6メガワットのシステムを設置することを明らかにしている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]