2018年11月17日(土)

アクア、プリウス抜き初の首位 12年度新車販売

2013/4/4付
保存
共有
印刷
その他

自動車業界団体が4日まとめた2012年度の新車販売ランキング(軽自動車含む)で、トヨタ自動車の小型ハイブリッド車(HV)「アクア」が初の首位となった。販売台数は28万2660台。2位は昨年度まで3年連続首位のトヨタのHV「プリウス」。3位にはホンダの軽自動車「N BOX」が入った。ガソリン価格の上昇などを背景に、燃費性能の良いHVや軽自動車に人気が集まった。

2012年度の新車販売ランキング
車名(企業)販売台数
1アクア(トヨタ)282,660 (335.2)
2プリウス(トヨタ)280,929 (▲9.5)
3※N BOX(ホンダ)236,287 (399.2)
4※ワゴンR(スズキ)199,122 (14.3)
5※ミラ(ダイハツ)190,490 (11.2)
6フィット(ホンダ)170,099 (▲27.4)
7※タント(ダイハツ)162,783 (16.8)
8※ムーヴ(ダイハツ)160,397 (11.1)
9ノート(日産)115,530 (104.3)
10※アルト(スズキ)108,872 (17.1)

(注)軽含む。単位台、カッコ内は前年度比増減率%、▲はマイナス。※は軽自動車

トヨタのHVが1位、2位に並んだ。首位のアクアはプリウスをわずかに1731台上回った。単月の販売台数でもアクアは3月に前年同月比15.6%増の3万3693台と好調で、6カ月連続の首位。11年12月の発売から1年以上たつが、小型のサイズや手ごろな価格設定などがうけ、幅広い層で人気を集めている。

プリウスは前年度比9.5%減の28万929台で2位に後退したものの、各社が相次ぎ新製品を投入するなか引き続き高い人気を維持している。

上位10車種のうち、軽自動車は6車種を占めた。3位のホンダのN BOXは23万6287台。広くとった室内空間が人気で、昨年度3位だったスズキの「ワゴンR」を抜き軽自動車で首位となった。

12年度は9月まで続いたエコカー補助金や各社の新型車投入などの効果で全体の販売台数が底上げされた。1日に発表した12年度の新車販売台数は、11年度比9.6%増の521万台で、5年ぶりに500万台を超えた。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報