2019年2月22日(金)

阪急電鉄社長に中川専務が昇格 角氏は会長に

2013/12/3付
保存
共有
印刷
その他

阪急電鉄は3日、中川喜博専務(60)が来年3月1日付で社長に昇格する人事を発表した。角和夫社長(64)は代表権のある会長に就き、親会社である阪急阪神ホールディングス(HD)の社長を続ける。財務体質の改善にメドが付き、来年に角氏が社長定年を迎えることからトップ交代に踏み切る。

阪急阪神ホテルズの食材偽装表示問題で「阪急ブランド」に逆風が吹くなか、角氏は人選を進めてきた。中川氏は宝塚歌劇団などエンターテインメント事業の担当が長く、鉄道以外の事業にも目配りができるなどバランス感覚に優れているという。

中川 喜博氏(なかがわ・よしひろ)76年(昭51年)慶大経卒、阪急電鉄入社。05年取締役、07年常務、13年専務。大阪府出身。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報