/

この記事は会員限定です

結核検査薬、途上国で発売 栄研化学、ゲイツ財団系と開発

[有料会員限定]

臨床検査薬大手の栄研化学は米マイクロソフトのビル・ゲイツ会長の財団が出資する基金と共同開発した結核検査薬を、アジアやアフリカなどで順次発売する。代理店の選定などを進め、2012年度中にうち1、2カ国で販売を始める。検査薬は栄研が持つ遺伝子診断技術を採用。同社は自社技術を世界市場に浸透させ、ライセンス収入を得ることを狙う。

13年度からは販売対象国をバングラデシュやタンザニアなど結核患者が多いアジア...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン