/

この記事は会員限定です

アクリフーズが薬物混入再発防止策 監視カメラ増設

[有料会員限定]

マルハニチロホールディングス傘下のアクリフーズは群馬工場(群馬県大泉町)での冷凍食品の農薬混入事件を受け、再発防止に向けた取り組みを始めた。もう一つの生産拠点である夕張工場(北海道夕張市)の製造室内に3台の監視カメラを設置。これまで出入り口などに限られていたカメラによる監視対象を広げ、「なるべく死角をなくす」(同社)。製造室への複数の出入り口を1カ所に集約することも検討する。

群馬工場には製造...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り199文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン