/

グーグル、SNS強化 ユーチューブと機能統合へ

米グーグルは、交流サイト(SNS)を大幅に強化する。世界最大の動画共有サイト「ユーチューブ」など既存の有力サービスの機能を生かし、SNSの魅力を高める。交流サイト世界最大手の米フェイスブックを追撃する。

米グーグルのブラッドリー・ホロウィッツ副社長

1年後をメドに、SNSの「グーグル+(プラス)」の動画機能の使い勝手やシステムを、ユーチューブと統合する。米グーグルのブラッドリー・ホロウィッツ副社長が3日、会見で明らかにした。

ユーチューブと統合するのは、グーグル+の動画機能「ハングアウト」。パソコンやスマートフォン(多機能携帯電話=スマホ)に搭載したカメラを使い、複数の利用者で同時にビデオ会議ができる。最大10人の利用者で、ユーチューブの動画を同時視聴できる。

現在、ユーチューブとグーグル+の動画機能は画面の見栄えや使い勝手が異なり、これを段階的に統合していく。サービスを稼働させるシステムも統合する。

グーグルは、グーグル+の機能を同社の様々なネットサービスに組み込む方針で、ユーチューブとの統合はこの一環。フェイスブックは全世界で約8億人を超える利用者を抱えるSNS最大手。グーグルはSNS事業では後発で、利用者数は1億人にとどまる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン