/

トヨタ、バイオ燃料実用化へ 酵母菌使い2020年メド

トヨタ自動車は3日、2020年をめどに非食用の植物を原料としたバイオ燃料の実用化を目指すと発表した。バイオ燃料をつくり出す酵母菌を独自に開発した。この酵母菌を使い、今後4~5年で高効率、低コストのバイオ燃料製法を確立する。量産にあたっては数百億円規模の設備投資が必要になるため、エネルギー企業など異業種との提携も検討する。

開発しているバイオ燃料は、ネピアグラスという熱帯の非食用植物を原料とする「セルロースエタノール」。このほど遺伝子組み換え技術を使った酵母菌を開発、原料の糖のうち87%をエタノールとして利用できるなど効率を高めた。現在、世界最高とされている技術は約84%で、これを約3ポイント上回るという。

バイオ燃料の製造工程も単純にし、コストを下げる。最終的にはガソリン価格並みに引き下げたい考え。量産プラントの開発などには多額の投資が必要なことから、他社との提携やライセンスの供与も念頭に事業化を進める。

ブラジルなどではバイオ燃料で走るクルマの販売が伸びている。ただサトウキビやトウモロコシなどを原料にすると食用と競合し、価格が変動しやすくなる恐れもある。トヨタは非食用のネピアグラスを自社で栽培することで、原料から精製まで一貫した技術開発に取り組むという。

化石燃料に代わるエネルギーの確保が課題になるなか、トヨタはバイオ燃料を使うハイブリッド車(HV)の発売も視野に入れる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン