/

フェイス、日本コロムビアを子会社に 音楽配信強化

(更新)

コンテンツ(情報の内容)配信を手掛けるフェイスは3日、日本コロムビアの株式をTOB(株式公開買い付け)で取得し、子会社にすると発表した。フェイスはコロムビア株32.91%を保有する筆頭株主。TOBで60%まで買い増す。16万曲の楽曲を抱える老舗のコロムビアと携帯端末向けの音楽配信やアーティスト育成で連携を深める。

フェイスの買い付け価格は1株あたり780円。期間は4日から3月18日までで、買収額は約28億8千万円となる見通し。コロムビアは東京証券取引所第1部での上場を維持し、現経営体制も継続する。

国内の音楽市場はCD販売の落ち込みなどを受けて、1998年をピークに落ち込み傾向にあり、音楽配信も鈍化している。フェイスは音楽ライブの市場拡大やアジアなど海外への発信に活路を模索。国内で最も長い歴史を持つコロムビアとの連携強化で楽曲や制作ノウハウ、ブランド力を取り込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン