2019年2月17日(日)

資生堂、個別役員報酬を開示 前田社長は1億2100万円

2010/6/3付
保存
共有
印刷
その他

資生堂は3日、前田新造社長ら3役員の2009年度の報酬を同社ホームページで個別開示した。前田社長の報酬は1億2100万円、岩田喜美枝副社長は6600万円、カーステン・フィッシャー専務は1億4100万円だった。3氏を含む15役員の総額は6億2100万円。役員報酬開示が義務化されて以降、株主総会前に個別開示したのは同社が初めて。

同社の役員報酬は、固定部分が40%程度、業績目標の達成度や株価により変動する業績連動部分が60%程度。フィッシャー専務は固定部分が前田社長より高額なうえ、担当の国際事業が堅調だったため、業績連動部分も前田社長を上回った。

3月末施行の内閣府令により、上場企業は10年3月期から年1億円以上の報酬を受ける役員の情報を有価証券報告書に記載することを義務付けられたが、多くは総会後に開示される見通しだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報