京大、iPS細胞特許を独ベンチャーに供与

2010/8/3付
共有
保存
印刷
その他

 京都大学の山中伸弥教授が開発した新型万能細胞(iPS細胞)の特許を管理するiPSアカデミアジャパン(京都市)は3日、ドイツのバイオベンチャーにiPS細胞特許をライセンス供与したと発表した。海外企業への供与は米社に次ぎ2社目で欧州企業では初めて。今回の契約で供与先は日米欧3極となり、iPS細胞技術の普及や医療応用に弾みがつきそうだ。

 供与したのはアキシオゲネシスAG(ケルン市)。7月30日付で契約を結んだ。ライセンス先は国内外合わせ約15社になった。

 アキシオゲネシス社はマウスの胚(はい)性幹細胞(ES細胞)技術で定評がある。幹細胞から作った心筋細胞や内皮細胞などを販売し、製薬会社の医薬品の有効性や毒性評価に使われている。今回の契約を受け、ヒトiPS細胞由来の心筋細胞を利用した薬効検査の受託サービスを今秋にも始める予定だ。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 26日 7:01
26日 7:00
東北 26日 7:00
26日 7:00
関東 26日 7:01
26日 7:00
東京 26日 7:01
26日 7:00
信越 26日 7:00
26日 7:00
東海 1:30
1:29
北陸 26日 6:02
26日 6:00
関西 26日 22:19
26日 16:16
中国 26日 12:27
26日 7:01
四国 26日 12:27
26日 7:02
九州
沖縄
26日 21:04
26日 20:55

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報