/

この記事は会員限定です

長谷川香料、中国人好みの香り開発 20億円投じ上海に研究拠点

[有料会員限定]

長谷川香料は中国市場向けに専用の香料を開発する。2016年までに約20億円を投じて上海に研究開発拠点を新設。研究員を現地採用して、中国人の嗜好に合う香料を開発し、飲料・食品メーカー向けに供給する。生産能力も増強し中国事業の営業利益を15億円と前の期の2.5倍に引き上げる。

現在、中国での研究開発は上海の工場内の設備で手掛けているが新たに研究棟を設ける。現地で採用する中国人を中心に30人増やして80...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り202文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン