ソニー、出井改革は「合理的な失敗」(ルポ迫真)

2012/10/5付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

1998年6月16日。成田空港に近いゴルフ場グレンオークス・カントリークラブに1機のヘリコプターが舞い降りた。

降りてきたのは米マイクロソフト会長のビル・ゲイツ(56)。出迎えたのはソニー社長(当時)の出井伸之(74)。2時間でハーフ9ホールをプレーするとゲイツは再びソニーが用意したヘリで次の目的地へ向かった。ラウンド中の話題はデジタル放送の未来だった。

その4カ月前、出井は各国政財界の大物が集…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]