/

若年男性は「カフェオレ様」、美容・出世ともに関心 電通総研

電通の調査組織、電通総研が15~34歳の若年男性を対象にした「ファッション・美容意識実態調査」によると、近年の若年男性は美容やファッションにこだわりを持つと同時に出世や異性にも強い興味を持つ男性が増えており、従来の「草食系」から変化していることがわかった。同社は最近の若年男性を、二面性が混じり合っているという意味で「カフェオレ様」と命名した。

彼らが1カ月に使える金額は平均5万938円で、女性とのデートに1回当たり9904円払っている。これは平均的な同じ世代の男性に比べて2倍近い金額。電通総研は今回の結果を企業のマーケティング活動などに生かしていく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン