トヨタ、米CNNに抗議文 「間違いを無責任に放映」

2012/3/2付
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=杉本貴司】トヨタ自動車は1日、トヨタ車の「予期しない急加速」問題について取り上げた米CNNテレビの放送を巡り「科学的に証明されていない主張で、ひどく間違った内容を無責任に放映した」とする抗議文を公表した。

この件では米科学アカデミーがすでに問題はなかったと「シロ」判定を出しているが、米消費者に誤解が広がることを警戒し異例の処置をとった。

抗議文のタイトルは「今夜、トヨタはCNNのストーリーに反論する」。CNNは1日放映の看板番組「アンダーソン・クーパー360」で、開発段階の文書を入手したとし、その中でトヨタが急加速問題を認識しながら規制当局の米高速道路交通安全局(NHTSA)に届け出なかったと報じた。

トヨタによると、実際は開発段階で安全性を確認するため意図的に加速を試す「ストレステスト」に関する文書で、商品とは無関係。商品化の段階で問題は修正されているとしている。トヨタは日本語の文書の誤訳も問題視している。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]