/

この記事は会員限定です

発電と送電、分離迫る産業界 東電再編で思惑交錯

電力10社は現体制に固執

[有料会員限定]

東京電力など電力会社の再編を巡り関係者の間で思惑が交錯している。産業界からは分散型電源の普及推進のため発送電分離による再編を求める声が出始めた。一方、大手電力10社は営業地域別にすみ分ける現体制の維持にこだわる。さらに政府や有識者の間では原発事故の巨額賠償への国費投入をできるだけ少なくする観点から様々な再編案が浮上している。想定されるシナリオを探る。

「大手電力の送電部門の分離・開放を本格的に考...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1443文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン