バーガーキング、米ファンドに身売り 3370億円で

2010/9/3付
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=杉本晶子】米ファストフードチェーン大手バーガーキングは2日、米買収ファンドの3Gキャピタルに会社を売却することで合意したと発表した。負債を含めた買収総額は40億ドル(約3370億円)。買収によりバーガーキングは非上場化し、事業再構築を加速する。

買収価格はバーガーキングの1株あたり24ドル。上乗せ幅は買収観測が伝わる直前の株価に対し、46%高い水準。3Gキャピタルは17日までに公開買い付けを始める予定だが、バーガーキングは条件面で上回る買収提案が新たに出てくれば検討するとしている。

バーガーキングは2006年に株式を上場した。現在は、02年に英洋酒大手ディアジオから株式を買い取った米ファンド大手のベイン・キャピタル、同TPG、ゴールドマン・サックス系ファンドの3社が合計で約31%を保有している。

バーガーキングは世界に約1万2000店を持つ。米ハンバーガーチェーンとしては、マクドナルドに次ぐ2位。10年6月期通期決算では世界の既存店売上高が前年同期比2.3%減となり、マクドナルドに比べてやや苦戦している。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]