2019年4月23日(火)

マクドナルド、1~3月純利益55%減 既存店の減収響く

2013/5/2付
保存
共有
印刷
その他

日本マクドナルドホールディングスが2日発表した2013年1~3月期の連結決算は、純利益が19億円と前年同期比55%減少した。コンビニエンスストアとの競合に加え、採算重視の一環で期間限定商品などの投入を減らした結果、既存店が前年同期比11%の減収になった。円安による原材料費の上昇も響いた。

売上高は15%減の659億円。コンビニなどとの競争で客足が減った。前年同期に期間限定の高単価バーガー「ビッグアメリカ」シリーズがヒットした反動も出た。

同社は昨年後半から新商品投入や値下げなどを抑制。「ビッグマック」など定番商品を中心に利益を稼ぐ方針に転換した。このため広告宣伝費は減ったが、円安で牛肉などの輸入コストが上昇。経常利益は55%減の33億円だった。

13年12月期は純利益で前期比10%増の141億円とする従来予想を変えなかった。「4~6月期以降は既存店売上高がプラスに転じる」(今村朗執行役員)と見込む。ただ、同日発表された4月の既存店売上高は3.7%減と13カ月連続で前年割れだった。客単価が6.2%低下したのが主因。業績の本格回復に向け、なお不透明感も残る。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報