/

電気自動車で人気スポーツカー復刻 京大発ベンチャー

京都大学発のベンチャー、グリーンロードモータース(京都市)は2日、電気自動車(EV)「トミーカイラZZ-EV」を2011年6月に発売すると発表した。シャシーやボディー、部品を「組み立てキット」として自動車整備店を通じて販売する方式で、価格は組み立て費用を含めて680万円。6日から同社のサイトで予約を受け付ける。

トミーカイラZZは1990年代後半に市販されて話題となったスポーツカー。開発者の協力を得て、EVでの復刻を目指していた。重さ640キログラムで最高時速は150キロメートル。家庭用電源で充電ができ、航続可能距離は100キロメートル。年間100台の販売を見込む。

同社は20万~30万円の電動バイクや超小型四輪EVの開発も進めており、5億円の出資を募る。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン