/

この記事は会員限定です

マクドナルド攻勢、3~4年かけ1000店を大型化

年200億円投じ全メニュー提供店に

[有料会員限定]

ハンバーガーチェーン最大手の日本マクドナルドホールディングスは店舗を大型化する。3~4年かけて移転や出店を通じ、全体の3割に当たる約1000店を広くする。全メニューを提供できる店舗の比率を現在の54%から85%に引き上げ、ドライブスルー機能も強化する。関連投資は年200億円前後。不採算の小型店を中心に大量閉鎖がほぼ完了したのを機に集客力を高めて、攻勢をかける。

同社の店舗数はフランチャイズチェーン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン