/

三菱重工・GE、幻の事業統合 「蜜月」に終止符

三菱重工業と米ゼネラル・エレクトリック(GE)が、「蜜月」に終止符を打った。火力発電向け蒸気タービンの共同開発を皮切りに、両社の看板であるガスタービンの事業統合交渉を水面下で進め、原子力分野での協力まで視野に入っていたが、結局、思惑は一致しなかった。順調に進めばGEと提携関係にある日立製作所も巻き込んだ「東芝包囲網」まで発展する可能性もあったが、すべては幻と消えた。

「GEとの関係はもう引き返せないところまで冷え込んでしまったね」。三菱重工幹部は、ぽつりとつぶやく。

両社の接近が始まったのは2006年ごろから。09年1月には、ガスタービンで発電し、その排ガス熱で蒸気タービンでも発電する「ガスタービン・コンバインドサイクル」(GTCC)向け蒸気タービンの共同開発で覚書を結んだ。

三菱重工業が米ドミニオンから受注したガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)に使われるガスタービンの同型機。

両社はそれまで、航空機エンジン分野で部分的に関わりがあった程度で、重電分野ではほとんど関係がなかった。日本の重電メーカーは欧米からの技術導入で成長してきたが、三菱重工は米ウエスチングハウス、日立製作所や東芝はGEをそれぞれ「師」と仰ぐ歴史的な経緯があったからだ。

蒸気タービンはほんの序章にすぎなかった。次に始まったのは、両社にとって主力事業であるガスタービンでの提携交渉。電力会社の発電設備に使われる大型ガスタービンは、GE、独シーメンス、仏アルストム、三菱重工が世界4強。世界の液化天然ガス(LNG)火力発電所の建設案件の受注で激しくしのぎを削っている。

三菱重工は高効率・高出力の上位機種の開発で先頭を走るが、ボリュームゾーンの品ぞろえが弱いのが悩み。一方、GEは、ボリュームゾーンで幅広い製品を持ち、市場をがっちりと押さえているものの、ハイエンド製品の開発で出遅れた。「両社が組めば、最強連合ができる」――。三菱重工、GEとも総論では思惑が一致、具体的な提携交渉に入った。

だが、交渉を重ねるにつれ、提携のあり方についての両社の利害の不一致が次第に浮き彫りになる。関係者の話を総合すると、三菱重工は、両社のガスタービン事業全体の統合を提案。これに対し、GEは上級機種を対象にした開発・販売提携を主張した。

焦点になったのは、三菱重工が09年に開発を完了した「J型」ガスタービンだ。素材や加工、シミュレーション技術を総動員し、世界最大・最高効率を実現した自信作。三菱重工とすれば、虎の子のJ型をGEに差し出す以上、三菱重工の弱点であるボリュームゾーン機種をGEに提供してもらい、品ぞろえを相互補完するのは譲れない一線だった。

一方、GEは包括提携というより、自前でできることは自前でやり、足りないピースを三菱重工との提携で補うというのが基本的な姿勢だった。J型は高性能すぎて需要はそう多くないというのがGEの読み。三菱重工の高い技術力とGEの販売力を組み合わせ、ハイエンド市場を共同開拓しようという戦略だった。

そうしたGEの姿勢に、三菱重工は不信感を募らせた。別の幹部は「GEは自分たちのいいところは出さない。同床異夢に終わった」と振り返る。約1年前に交渉は打ち切られ、「ガスタービン世界最強連合」構想は幻と消えた。

風車を巡る特許紛争も、両社の提携交渉に水を差した可能性がある。GEは08年、三菱重工が風車の特許を侵害しているとして、米国際貿易委員会(ITC)に提訴した。多くのメーカーが裁判にかかる費用と時間を惜しんでロイヤルティー支払いに応じるなか、三菱重工は徹底抗戦の道を選択。裁判はなお続く。

「左手で殴り合いながら、右手で握手する。それがビジネスだ」。提携交渉と裁判が同時並行する事態を、三菱重工首脳はこう表した。だが、実情は放った言葉ほど割り切れていなかったはずだ。どこまでも合理的なGEと、日本的な信義を重んじる三菱重工。感情的なしこりがなかったというと嘘になるだろう。

海江田経産相との会談後に記者会見する、日立製作所の中西宏明社長(左)とGEのイメルト会長=4日午後、経産省

ガスタービン事業での提携がうまくいっていたら、両社の提携は原子力分野でも広がっていたはずだ。三菱重工の原子力事業は長年のパートナーだったウエスチングハウスを東芝に買収され、抜本的な見直しを迫られた。仏アレバと提携したが、主戦場である米国での事業体制は十分とはいえない。「米国で原子力事業を展開するには、GEの力は不可欠」(幹部)との思いは強かった。

GEにとっても、三菱重工と組めば、自ら手掛ける沸騰水型軽水炉(BWR)に加え、世界市場の7割を占める加圧水型軽水炉(PWR)も事業領域に加えることができる。両社は原子力事業でも提携を模索したが、進展は得られなかった。

「三菱・GE・日立」連合を形成し、ライバルの東芝を包囲する――。三菱重工が描いていたシナリオはこうだった。GEと日立は提携関係にあり、原子力事業を統合している。GEとの提携は、日立との関係強化にもなる。三菱重工はGEに接近する傍ら、日立との提携も積極的に進めてきた。昨年に打ち出した水力発電事業の統合、鉄道事業、スマートグリッドでの協力は、こうした文脈に沿ったものともとれる。

だが、日立との提携も、その後は目立った展開がない。三菱重工幹部は「日立の業績が急回復したこともあってか、(日立社内で三菱重工との提携を拡大しようという)感じが変わってきている」と打ち明ける。

GEは再び、長いパートナーである日立、東芝との関係強化に動き出しているようにみえる。2日から4日まで来日したジェフ・イメルト会長兼最高経営責任者(CEO)は、日立の中西宏明社長、東芝の佐々木則夫社長とは会談したが、以前は定期的に会っていた三菱重工の佃和夫会長とは会わなかった。東芝包囲網をつくるはずが、「GE・日立・東芝」連合に包囲される側に回る恐れも出てきた。三菱重工は新たな提携戦略を迫られる。

(産業部 鈴木壮太郎)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン