2017年12月11日(月)

増資で学んだこと  柳沢大輔・カヤック社長

コラム(ビジネス)
(1/2ページ)
2012/10/6 7:00
保存
共有
印刷
その他

 僕たちの会社はサイコロで給料を決めるといった面白い制度や、バスをラッピングして全国を旅しながら説明会をするといった採用活動などを全力で考えて投資してきた。それが創業期から名付けている「面白法人」というキャッチコピーに起因していることを前回は説明した。

1996年に慶大環境情報学部を卒業。ソニー・ミュージックエンタテインメントを経て98年にカヤックを創業し代表取締役に就任。38歳

 これは、会社のブランディングともいえる。ブランドの価値は測りづらいが、それは資産となり、資産価値があがれば企業の将来にプラスとなる。つまりブランド価値の増減をバランスシートのように捉えるべきだと考える。そしてブランドは、一貫した姿勢がなければ構築できない。社名を聞いて世の中の人が一定のイメージを思い浮かべる会社には必ず一貫した姿勢があるだろう。

 米アップルなら「シンプルでかっこいい」。そういうふうに人々は思い浮かべる。これはアップルがシンプルであることにとことんこだわってきたから生まれたイメージだ。

 この一貫性を保つ方法は、大別すると2つあると思う。社長がカリスマ性を発揮し、その社長の理念を会社の隅々まで浸透させる方法。もうひとつは、経営理念など「経典」のようなものをつくり、浸透させていく方法だ。

 僕は自分をカリスマ化させる方向は望んでいないため、「面白法人」は理念を重視し言語化する作業に力を注いできた。その結果「面白い」ブランドの構築は進んだ。

 数年前、各事業が急に伸びはじめた時期があった。各事業部長が事業戦略について勉強しはじめた頃だが、改めて実感したことがある。

 会社にはもともと事業戦略と組織戦略が存在する。一般的には事業戦略が先であろう。だが「何をするかより誰とするか」を大切にするカヤックは、極端に言えば、一緒に働きたい仲間となら、事業はなんでもよいという思想をベースにもつ。そのため組織戦略の方が先行した会社となり、そこに重点を置いてきた。

 ところが、数年前の数字を見て事業が伸びるためにはやはり事業戦略が必要であると、改めて実感させられた。会社が永続的に成長するためには、実は事業戦略も組織戦略も本来どちらも必要不可欠であり、事業戦略だけでは1度は当たっても2度目はないし、ましてやブランドはつくれない。企業が規模の拡大を目指すためにも双方が必要だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

SmartTimesアップルカヤックブランディング



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報