2019年1月18日(金)

三菱自動車、オランダ工場の売却完了 現地企業と契約

2012/10/1付
保存
共有
印刷
その他

三菱自動車は生産からの撤退を決めていたオランダ工場について、現地メーカーのVDLグループと譲渡契約を締結した。譲渡額は1ユーロ。工場を閉鎖せずに、破格の値段で売却することで工場従業員約1500人の雇用を維持できる見通し。

工場を運営する生産子会社、ネザーランズ・カー(ボーン市、ネッドカー)の株式を12月14日に売却する。11月中は三菱自動車の車種を生産するが、設備撤去などを経て、今後VDLは独BMWの小型車「ミニ」を受託生産する方針。

三菱自は採算悪化を背景に欧州生産からの撤退を発表し、VDLと売却交渉を進めていた。三菱自は生産撤退に伴い今期に損失を計上する見通しだが、従業員の雇用が維持されることで、工場を閉鎖する場合に比べ解雇に伴う補償などの費用を軽減できるとみている。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報