/

7月の百貨店売上高、3社前年割れ 6月からのセール反動減

大手百貨店5社が1日発表した7月の売上高(既存店ベース、速報値)は、大丸松坂屋百貨店、そごう・西武、高島屋の3社が前年実績を下回った。今年は夏のセールが6月に始まっており、7月は衣料品などで反動減が出た形だ。6~7月の合計売上高では全社が前年を上回った。

7月の売上高は、大丸松坂屋が前年同月比0.7%減。高島屋も3.9%減った。大手では唯一同月中旬からセールを始めた三越伊勢丹は1.6%増。3月に改装した伊勢丹新宿本店(東京・新宿)が7%増とけん引した。阪急阪神百貨店は阪急うめだ本店(大阪市)の増床効果で9.7%増えた。

セール期間全体を含んだ6~7月の合計売上高を見ると、5社そろって増収で消費の堅調を裏付けた。高島屋は約1%増、そごう・西武は約2%増だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン